九州の自治体のインバウンドの悩み

九州に外国人観光客が増えています。この外国人に来てもらい地方創生をして地域活性化をしたい地方自治体が増えています。しかし何から手をつけていいかわからない市町村も多く、お金を掛けるけど結果に結びつかないという悩みを持っているところも多くあります。

 

話を聞いていると頭の中が整理されていない状態でインバウンド業者に仕事を発注している場合がほとんど。インバウンド業者は仕事をしたいので全体よりも部分を強調し仕事に結びつけます。

 

ではどんな考え方をしたらいいのか。これはターゲットを絞ることです。このターゲットについて話していきましょう。

 

JR九州

九州の自治体の地方創生プラン

ターゲットを絞っていますか?と市町村の人に聞くとニヤニヤしてピントが外れたことをいう場合がほとんどです。ここでなぜピントが外れているか考えました。どんなカテゴリがあってどんな特色があってそれを市町村が観光資源に結びつけれていない場合がほとんどなのです。

 

具体的に話していきましょう。

 

どんなカテゴリがあるかまずは知ることです。

 

国地域別

中国
韓国
台湾
香港
その他

 

データを見ると九州には中国、韓国、台湾、香港からの訪日客が多いことがわかります。ここをチェックせずに欧米をターゲットにして英語の案内を強化していたらターゲットを外していることになります。

 

旅行スタイル

団体旅行
個人旅行

 

団体で来ているのか個人で来ているのか。個人で来ている場合も家族が多いのか友達と来るのが多いのかそしてどこをターゲットにするのか考えましょう。

 

交通手段

飛行機
高速船・フェリー
クルーズ船

 

ここも重要なポイントです。九州の空港で訪日外国人が多いのは断トツで福岡空港です。この外国人にターゲットを絞った場合、福岡とのアクセスや福岡との比較を考えなければいけません。

 

クルーズ船にターゲットを絞った場合は中国大陸から来る中国人がほとんどです。

 

博多港を発着する高速船やフェリーは韓国人がほとんどです。

九州の自治体のインバウンド具体例と成功例

ターゲットを絞る前にどんなカテゴリがあるか知らない人が多すぎます。このカテゴリを知った上で市町村の特色と結びつければ悩みも解決します。あとはやるだけの状態になります。

 

例えばどんなカテゴリがあるか具体例と成功例を上げていきましょう。

 

飛行機で来る個人旅行の香港人家族におすすめの和風温泉旅館

 

博多港に高速船で来る韓国人一人旅女性におすすめの湯布院

 

飛行機で来る台湾人団体ツアーにおすすめのイチゴ狩り体験

 

クルーズ船でくる中国人に短時間で美食を味わえる立ち食い回転寿司

 

さらにターゲットを細かく絞ると濃い客層がやってきます。

 

ユーリオンアイスが好きな外国人におすすめの唐津グルメ

 

これが具体例です。自然と成功していますが、成功例でもあります。

 

1.カテゴリを知る
2.ターゲットを絞る
3.観光資源と結びつける

 

この順番で考えるといいでしょう。大分県の例をとるとわかりやすいです。

 

湯布院になりたいのか
別府になりたいのか
杖立温泉になりたいのか
日田になりたいのか

 

どれもインバウンド外国人に人気ですがターゲットが違います。狙って来たターゲットと自然に来たターゲットがありますが、客層に特色があります。

 

まとめ
外国人のターゲットを絞ると地方創生インバウンドも成功に結びつきやすい。