桜インバウンド!福岡城さくらまつりを楽しむ外国人観光客

桜インバウンド

日本各地に桜の名所があります。

 

福岡も桜の名所はもちろんあります。

 

有名なのは福岡城、大濠公園、西公園。この3つは隣接していてどこもきれいな桜が咲きます。

 

を楽しみにしているのは外国人も同じです。外国人観光客も桜の開花に合わせて旅行をする人も多くいます。混み合う時期なのでこの時期のホテルの予約は注意が必要です。

 

桜と外国人と福岡この3つを重ねあわせてマーケティングしていきましょう。


国地域別にみる桜インバウンドの特徴

福岡城さくらまつり

まずは福岡市内の桜スポットといえば有名なのはさきほども言った福岡城、大濠公園、西公園です。この一帯のスポットに花見客が訪れます。福岡市がもっとも後押ししているのが街のあちこちでポスターを見るこちらです。

 

福岡城さくらまつり
このポスターのキャッチフレーズがステキです。

 

昼は鮮やか
夜は艶やか

 

外国人たちはどのように桜を楽しむのでしょうか?国地域別に具体例を上げ見ていきましょう。

 

中国人団体ツアーの短時間花見

桜の開花時期にも大型クルーズ船はやってきます。この中国人観光客も桜を楽しみにしています。しかし滞在時間はわずかです。このわずかな時間にランチも食べてショッピングもしなければいけません。福岡タワーにも行くかもしれません。わずかな時間の中で日本の桜を楽しむことになります。もしかしたらバスの車窓からだけかもしれません。しかしそれだけの短時間でも日本の満開の桜はきれいです。

 

台湾人の花見とグルメ

クルーズ船でなければ時間の余裕は比較的あります。台湾人は食べることが好き。日本らしい和食も好き。弁当を買って花見する人も出てくるでしょう。

 

韓国人個人旅行客のほろよい花見

韓国人女性の個人旅行をよく見かけます。一人旅の人もいるし友達どうしの女子旅の人もいます。この人たちが口を揃えて共通して言うのが「ほろよい」。サントリーチューハイの「ほろよい」です。花見じゃなくても美味しいといって呑んでいますが桜が咲くこの花見の時期は堂々と公園で飲むことができます。SNSやブログで広まれば韓国人kawaii女子が「ほろよい」で花見をするのがブームになるかもしれません。飲料メーカーはこちらから仕掛けていってインバウンドとほろよいをセットにしたキャンペーンをするとヒットしそうです。


福岡も桜インバウンドで外国人観光客誘致

福岡桜インバウンドは開花とともにもうすぐ始まります。備えあれば憂いなし。インバウンドに関しても同じです。桜の時期にビジネスも官公庁のおもてなしもより外国人との交流が多くなります。

 

まとめ
福岡×桜×インバウンド
相乗効果、経済効果は訪日外国人の数とともに拡大中です。