旧正月の福岡はアリペイ決済で訪日外国人消費活性

2017春節に福岡の商店街はアリペイ決済を導入

アリペイ

アリペイ(支付宝)とは中国の阿里巴巴グループが提供する決済システムでスマホのお財布ケータイのようなもの。iPhoneのAppleが発表したApplePayに似ています。

 

今まで銀聯カードが流通していましたが最近はアリペイの使い勝手がよくある資料によると中国人4億人以上が利用しているとのこと。日本人の全人口が1億2000万人なのですでに市場はかなり大きいのです。

 

これを福岡の商店街が春節に実験的に導入することになりました。導入するのは新天町商店街、博多川端商店街、太宰府天満宮門前会の約40店舗です。


アリペイ決済のメリット

アリペイのメリットについてまず見ていきましょう。

 

店側
お釣りを用意しなくていい

 

中国人観光客
両替せずスマホ決済

 

メリットっはいろいろありますがこの二つのメリットが重なったのが大きいはずです。

 

店側は決済するにあたり本当に現金が振り込まれるか心配でしょう。しかし、行政と商店街が先導し安心な日本の決済会社も間に入ることになりました。個人で導入するわけではないので不安材料は今のところないはずです。お釣りを用意しなくていいということはレジがスムーズに流れます。滞在時間が少ないクルーズ船のお客さんにぴったりです。

 

中国人観光客は日本円を持ってなくても買物できます。両替しなくていいということは両替所を探す時間も両替手数料も必要ありません。それに加えアリペイは手数料がほぼ無料で預けておくときの利息も高く中国での公共料金を始めあらゆる決済が便利にできます。

福岡の商店街のアリペイ決済の問題点

これで準備万端。春節の中国人観光客を待つばかりです。

 

さてここで問題点が発生するはずです。

 

福岡に訪日外国人は増えています。しかしその分析をしなければいけません。

 

商店街にアリペイを使う中国人観光客が来るかどうかです。福岡に来る多くの中国人観光客はクルーズ船でやってきます。クルーズ船のお客さんはツアーで観光します。行くところが決まっています。商店街に来る可能性はツアーしだい。これまではほとんど商店街には来ていません。この人たちがアリペイの利用者です。

 

 

福岡の商店街を歩いている訪日外国人の多くは自由旅行でくる人たち。1番多いのは韓国人、そして台湾人、香港人です。この人たちにはアリペイは普及していません。なぜなら中国の阿里巴巴グループの決済システムだから。

 

春節が終わってからの新天町商店街、博多川端商店街、太宰府天満宮門前会のインバウンド分析をチェックする必要があります。

 

まとめ
アリペイ決済システムはメリットが多くあります。しかしその前の集客が重要になってくるでしょう。

福岡のインバウンドの現場で活躍する中国語。初心者でも今すぐ話せる方法があります。
  1. 今すぐ明日から100語で話す中国語
  2. 中国語500単語無料メルマガ
  3. インバウンド業界に転職して中国語を勉強


トップへ戻る