インバウンドで人気の福岡タワー!中国人団体ツアーが観光に

福岡タワーのことは知っているけど福岡タワーに登ったことがない福岡市民は多いと聞きます。しかしこの福岡タワーが外国人観光客に人気です。

 

百道浜

 

福岡に訪日外国人が増えれば増えるほど福岡タワーにも外国人観光客がやってきます。外国人といっても圧倒的にアジア人。その中でもさらに多いのが中国人です。

 

この日も中国人観光客がやってきて記念写真を撮っていました。なぜ中国人観光客が多いのか。インバウンドマーケティングしていきます。

福岡タワーになぜ中国人観光客が多いのか

福岡タワーになぜ中国人が多いのか?

個人旅行客より団体ツアー客が多くいます。中国人団体ツアー客が多いので結果中国人が多いのです。

 

福岡タワー

 

なぜツアーに福岡タワーがあるのか?

福岡市民でもあまり登らない福岡タワー。ではなぜツアーにあるのか?外国人に人気だからです。なぜ人気なのかというと、観光地に行けば高いところに登りたくなるのです。そして高いところがその土地のシンボルになっています。

 

東京には東京タワーがあり、上海には上海タワーと呼ばれる東方明珠電視塔があります。台湾には台北101ろいうビルがあります。観光客は記念に登りたくなるのです。

 

中国人

 

福岡タワーで記念撮影

その土地に行ったという記念の証拠写真はみんな欲しいもの。福岡タワーを背景に記念写真を撮ったり、タワーの上から福岡の街を記念に撮影したりしています。記念写真はSNSにアップされ拡散されそれを見た人がまた福岡タワーにやってきます。インスタグラムもSNSの勢いに拍車をかけています。

 

中国人観光客

インバウンドで賑わう福岡タワーのプラスとマイナス

インバウンドのプラス材料


大型バスが横付けできる。
混まない。
福岡観光の証拠写真になる。
福岡の街を一望できる。
外国人割引がある。

 

インバウンドマイナス材料


天神や博多駅からのバスがわかりにくい。
福岡タワー周辺にショッピングゾーンは少ない。
天候に左右される。

 

写真を撮影した日も中国人観光客がたくさん大型バスから降りてガヤガヤ中国語を話しながら福岡タワーに登っていました。大型バスが横付けし乗り降りは便利そうでした。混まない道なので横付けしても路駐も厳しく取り締まりしないのかもしれません。

 

この期間の福岡タワーの1階は確定申告提出会場となっていて確定申告する日本人もたくさんいました。同じ福岡タワーにいますが目的が違う日本人と中国人が入り乱れて熱気に包まれていました。ちょっと異様な風景でした。日本の日常とインバウンドが混じりあう特殊な風景がこれからも全国で見られるかもしれません。日本人を見ているとインバウンドの外国人をもう日常と見てべつに驚きもしていません。外国人が少数ではなく多数になり日常になっていっています。

 

まとめ
福岡タワーはインバウンド観光スポットの王道。