福岡県柳川市のインバウンドマーケティング

柳川

最近外国人観光客が多い柳川。

 

西鉄電車で迷うことなく柳川まで到着しています。

 

もともとある柳川の魅力に外国人観光客が目をつけています。外国人が増えてきたので柳川もインバウンドに力を入れているようです。

 

なぜ柳川が外国人観光客に魅力があるのかチェックしていきましょう。

 

柳川はバランスのいいインバウンドスポットなのです。外国人観光客が行きたがる理由も納得です。もしも日本人が海外に行ってもこんなにバランスがいい街だったら行ってしまうと思います。


なぜ柳川が外国人観光客に人気があるのか

外国人観光客に柳川が人気がある理由をチェク。

 

鰻のせいろ蒸し

外国人に人気のうなぎ。こんなに美味しい鰻はここでしか食べることができないと言います。今回の旅行で1番美味しかった食べ物はという質問にも「うなぎ」と答える人が増えてきています。

 

この美味しさはSNSで写真と言葉によって拡散され人気が人気を呼んでいます。美味しい食べ物は写真で見ても満足しません。見れば見るほど食べたくなるのです。

 

事前に鰻を食べたい欲求が頂点に達した旅行者が柳川へやってきています。そしてその美味しさは期待を裏切りません。3000円前後する鰻のせいろ蒸しもどんどん注文が入っていきます。

 

川下りの風景

日本も都会の風景が増えてきました。田舎でも国道沿いは同じお店で同じ風景です。しかし柳川は川下りがありその風景は唯一無二の日本らしい風景です。歴史を感じる街の風景を見に外国人がやってきてカメラや自撮り棒にセットしたスマホで旅の思い出写真を撮っています。

 

西鉄電車

柳川へは福岡から西鉄電車が便利です。これを知ってその途中にある太宰府天満宮とセットにして日帰りする人が多くいます。

 

韓国人観光客を中心にフリーで来る個人旅行者が増えてきました。福岡の博多駅や天神のホテルに宿泊し日帰り旅行を楽しんでいます。日帰りで行ける範囲は広く、門司港、由布院、熊本などに行っています。中でも柳川はグルメと所要時間と交通費のバランスがよく人気なのです。

福岡市がアジアの玄関口だとしたら柳川は庭

柳川は最近さげもんガールを起用しインバウンド戦略を考えてきました。

 

 

このYouTube動画のコメントを見てもわかるように外国人に人気です。「可愛い」は世界共通なのです。柳川はインバウンドの視点から見てもバランスがいいんです。ポイントをまとめるとこちらです。

 

うなぎというグルメ
日本の昔ながらの風景
福岡から日帰りできる立地

 

福岡が海外からの玄関口だとしたら柳川は居間のような食堂のようなのような存在です。福岡という玄関から入って柳川を楽しむ外国人が増えています。