イオン九州の外国人インバウンド戦略

外国人に「どこに行きましたか?」という質問をすると「ショッピング」という答えが返ってきます。どこでショッピングをしたかというとイオン。

 

イオンに行く外国人観光客が増えています。

 

イオン九州

 

厳密に言うと以前からイオンに行く外国人はいました。しかし最近さらに増えています。外国人向けサービスも充実し個人旅行客も団体旅行客もイオンに行っています。

 

この理由をチェックしていきましょう。

イオン九州が外国人観光客に人気がある3つの理由

なぜイオン九州に外国人観光客が行くのか?これにはちゃんと理由があります。

 

品揃え豊富で外国人の心をつかんでいる

イオンの品揃えは多岐にわたります。イオンに行けば街に行くようなもの。イオンの中に買いたいものはだいたいあります。医薬品も食料品もバッグも衣料品もそろっています。

 

立地が絶妙

外国人観光客は九州各地に行くようになりました。自然や温泉を求めて鹿児島や宮崎や大分にも行っています。都会ではない田舎でもイオンはあります。そしてイオンはお城のような大きさで出迎えてくれます。田舎にあって都会同様に買物できるところなのです。駐車場も広く、団体バスツアーも受け入れ可能。銀座や天神の繁華街とは違い自前の駐車場なので近隣のクレームもでません。

 

免税店より安いしさらに消費税免税

外国人といえば免税店のイメージがありますが、免税店は消費税や関税が免税になりますがもともと高いブランドばかりを扱っています。免税店しかしらなかったらここで買物するんでしょうがもうイオンの存在を知ったらこの安さにメロメロです。イオンで買物するのを楽しみにしています。

イオン九州の外国人向けサービス

イオンも外国人向けのサービスを充実させてきました。

 

免税店舗拡大
イオンには専門店もあります。この専門店でも免税店を拡大させています。

 

言語別チラシ
中国語や英語などサイトだけでなくチラシも言語別に対応しています。お客さんは安心して買物しているに違いありません。

 

優待クーポン
消費税の8%に加え5%オフの優待クーポンも発行しています。合わせたら10%以上お得になります。お得が好きなのは外国人も同じです。

 

銀聯カード対応
中国人の多くが使用している銀聯カード。これに対応して買物をスムーズにしています。

 

海外店舗でもアピール
イオンは海外にも多くの店舗があります。アジアを中心に200店舗以上。自分が住んでいる地域にあるなじみのイオンだったら買物もスムーズです。買物方法はわかっています。商品は海外よりも日本で買った方が安いものが多く特に果物は新鮮でおいしいと評判です。

イオンの中国語は永旺

イオンは中国語で書くと「永旺」です。もうすでに中国人にもなじみの名前になっています。