爆買いに最適!博多シティがインバウンドで人気がある理由

博多駅周辺を博多シティといいます。

 

商業施設が集まり博多駅を中心としたひとつの街になっています。

 

博多シティ

 

ここまで商業施設が密集して競合しながらも共存しているところは珍しく外国人観光客にも人気です。外国にはひとつの大きなショッピングモールがあるところはありますが、ここまでバラエティ豊かではありません。

 

競争しながら共存
バラエティ豊かだけど統一感がある
公共と民間の一体化

 

こんな背中合わせのものが上手く混ざり合っている点が博多シティの魅力のようです。外国人がここまで上手く説明しているわけではありませんが、インタビューした感想を紐解いていくと見えてきたのが背中合わせのバランスでした。

博多シティを構成するインバウンド人気の商業施設

博多シティを構成している主なものを紹介していきましょう。

 

JR博多駅新幹線
博多駅のメインはココだと思います。存在感も抜群。同じJRですが新幹線はJR西日本管轄で在来線はJR九州管轄です。駅もつながっていますがイメージカラーは新幹線は黒、在来線は白の内装になっています。

 

JR博多駅在来線
在来線の特急列車がインバウンド観光客にも人気です。ゆふいんの森号、ソニックなど個性豊かな特急列車がJR九州を走っています。

 

アミュプラザ
博多シティの専門店街。おしゃれな店がたくさんあります。

 

くうてん
博多駅を代表するレストラン街。周辺にはたくさんの飲食店があります。その多くの飲食店を代表するエリアです。少し高い料金設定も円安の外国人観光客にとっては高く感じません。

 

東急ハンズ
マニアックな商品も大好きな外国人観光客。インバウンド戦略なのか日本らしい商品ラインナップになっている売場もあります。

 

阪急
地下の食品街や催事イベントにも力を入れています。高級百貨店です。

 

地下街
博多駅にも地下街があり店舗があります。外国人が行きたいナンバー1のラーメン店の一蘭は地下街にあります。

 

博多マルイ
2016年4月にオープンする博多マルイ。博多駅にも直結します。オープン前から顧客の意見を取り入れる店舗づくりをしています。

 

ヨドバシカメラ
電化製品やおもちゃなら九州で1番の品揃えのヨドバシカメラ。日本を代表する炊飯器、掃除機、腕時計、パソコン、PC周辺機器、おもちゃ、ガンプラなどが揃っています。

インバウンド観光客が博多シティでわくわくお買物

博多シティにはこんなわくわくする店舗が集まり雨に濡れずに移動できます。

 

博多駅

 

最近できた新しい店舗が多く、見やすいディスプレイやくつろぎのスペースも完備。ショッピングを楽しむ外国人観光客が年々増加しています。

 

まとめ
博多シティは博多駅周辺のショッピングゾーン。雨に濡れずに行ける距離にあり、魅力的な店舗が多い。年々インバウンド消費が増加。