KITTE博多マルイ!訪日外国人観光客も狙う

博多駅に丸井が出店します。九州初出店です。

 

場所は郵便局があった場所です。新しいビルに生まれ変わりました。

 

丸井の福岡での名称は
博多マルイ

 

博多マルイ

 

東京では超有名な丸井。知らない人はいません。しかし福岡では馴染みが薄く知っている人の方が少ないのでは。しかし博多駅に出店したということは福岡市民や九州の日本人だけを相手にするわけではないはず。

 

そこには訪日外国人観光客もターゲットにしているはずです。

競合せず共存する博多マルイのインバウンド戦略

数年前まで丸井は他の百貨店に比べると何かちょっと遅れをとっているイメージがありました。しかしここ数年で丸井は多くの店舗で改装を重ねイメージチェンジしました。今は最先端のイメージです。

 

有楽町マルイはおしゃれなスポットとして有名。いつ行っても平日に行っても朝早く行っても人が多くいます。

 

博多マルイもおしゃれ感じにコーディネートされそうです。

 

博多駅にはすでに阪急、アミュプラザもあり競合しても得はありません。共存していかなければいけないのです。

 

そこで博多マルイのとった戦略が新しいんです。これで他店と競合せずに集客するのかもしれません。ポイントは3つ。

 

アパレルの割合の減少

丸井はアパレルのイメージでした。事前にお客様企画会議を開き、インターネット上ではコミュニティスペースも設けて声を集めた結果、アパレルよりも博多マルイに出店して欲しい店舗の要望があったそうです。

 

カフェスペースの増設

最近はゆっくりショッピングできるところが増えてきました。リラックスできるソファが店内に多く配置される傾向にあります。博多マルイは1階から6階の各全フロアーにカフェを配置します。ゆっくりショッピングできる雰囲気が集客につながります。

 

九州初出店

ここにしか無いというのは大きな強みです。九州初出店の他に、日本初、福岡初、丸井初出店というバラエティの豊かさ。それだけではなく九州地元発信も忘れてはいません。

天神やキャナルシティに負けない博多マルイのインバウンド戦略

訪日外国人観光客は今現在博多駅をどう散策し買物しているかというと、団体旅行客より個人旅行客が多くいます。クルーズ船より飛行機での訪日外国人が多数。この飛行機で福岡に来た外国人をどう集客するかがポイントです。

 

中国、韓国、台湾、香港、タイなどの観光客です。ここでは天神やキャナルシティの集客にも勝たなければいけません。福岡に訪日外国人観光客は増加していますが、ショッピングゾーンも増加しています。福岡訪日外国人争奪戦に注目しましょう。勝ったところにインバウンドマーケティングの鍵があるはずです。

 

まとめ
博多マルイが博多駅に九州初出店。
博多駅での競合ではなく共存を目指す。
「博多駅VS天神VSキャナルシティ」の訪日外国人争奪戦に注目。