福岡のインバウンド外国人観光客の爆買いスポットとは

福岡のインバウンド外国人の爆買いスポットを紹介します。

 

爆買いスポット

 

場所によっては日本人より外国人が多いところもあります。ショッピングに限定して今回は紹介していきます。

 

東京にあるチェーン店は福岡にもだいたいあります。例えば、ユニクロ、無印良品、ABCマート、など。このチェーン店で買物し美味しい地元福岡の料理を食べて旅行を満喫しています。

 

これは福岡に限ったことではなく日本各地の観光地も同じです。しかし福岡の強みはこのバランスがいいことです。

 

ショッピングゾーンが充実
コンパクトな街
美味しいご当地グルメ

 

それでは具体的に福岡の爆買いスポットを紹介していきます。

福岡の代表的な爆買いスポット

福岡のインバウンドで代表的な爆買いスポットを紹介。

 

キャナルシティ博多
爆買いする人にとって天国のようなショッピングモールです。円安免税で今まで欲しかった日本の商品が気軽に手に入るようになりました。ここにはラオックス、ユニクロ、無印良品、ABCマートなどインバウンドの売れ筋商品を扱う店があります。同じ敷地内にあるので移動時間も気にしなくてOK。連日インバウンド観光客で賑わっています。

 

博多シティ
博多駅周辺の博多シティには東急ハンズ、アミュプラザ、博多阪急、ヨドバシカメラなどがあります。博多マルイも出店しさらにショッピングが充実。季節ごとに変化するイルミネーションも人気で、外国人たちは写真を撮ってfacebookやインスタグラムのSNSに投稿しています。

 

マリノアシティ福岡
福岡空港、博多港から交通の便が少し悪いですが、アウトレットモールの威力はすごく連日外国人が買物しています。少しでも安いものや掘り出しものを探しています。家族連れが多いのも特徴のひとつです。

 

天神エリア
天神エリアとひとくくりにしましたが天神には多くの商業施設があります。九州一の繁華街です。岩田屋、三越、大丸の百貨店をはじめパルコ、天神コア、天神ビブレ、イムズのショッピングゾーン、そしてそれらをつなぐ天神地下街。日本人の買物客も多いエリアです。近年は外国人と入り乱れて買物しています。

 

ドンキホーテ
天神エリアと比べてドンキホーテはひとつの企業。しかしこのひとつの企業の外国人集客力はすごく、もはや観光地のような様相です。ドンキホーテを知らない個人旅行客はいないのかというほどの勢いです。店内も中国語、韓国語、タイ語、英語の表示がたくさんあります。眠らない街の中洲にあるので夜遅くまで買物客が絶えません。

 

まとめ
福岡の爆買い主なスポットはもはや日本人より外国人が多いかも。