ソニーストアが天神にオープン!福岡にインバウンド店舗が増加

2016年4月1日にソニーストアが福岡天神にオープンしました。

 

なんとアップルストアの前でツタヤの隣りです。この地域がまたさらにおしゃれなエリアになります。

 

ソニーストア

 

アップルストアとは競合するのではなく共存したいという記事を見ました。お客さんの立場から見てもこの地域を回遊し相乗効果が生まれそうな気がします。

 

ソニーはインバウンド観光客をどう捉えているのか。はっきりしたことはわかりませんがこの立地なら外国人観光客がソニーストアに来そうですね。

 

ソニーストアはモノ消費だけでなくコト消費できる店舗です。

 

福岡にオープンする店舗がたくさんあります。インバウンドの視点で見ていきましょう。

福岡にオープンする店舗!インバウンド対応もチェック

ソニーストア
東京銀座にあるソニーストアにはJNTO認定の外国人観光案内所があります。福岡天神の店舗も訪日外国人観光客が多くなったらインバウンドに向けた店舗づくりになるかもしれません。日本人にアップルコンピューターのファンがいるように外国人に熱狂的なソニーファンもいます。福岡のインバウンド観光客の中で話題のスポットになるかもしれません。

 

LINE FRIENDS CAFE & STORE福岡
2016年3月に天神西通りにオープンしました。多くの人で賑わっています。外国人が話す外国語も聞こえてきています。アップルストアやソニーストアにも近いので天神西通りがこれから注目のスポットになりそうです。

 

博多マルイ
博多駅にオープンする博多マルイ。今まで福岡に丸井はありませんでした。初出店です。日本人だけではなくインバウンド観光客にも対応しているはず。今の百貨店業界の流れと売上がそうなっています。

 

福岡三越の空港型免税店
天神の福岡三越の空港型免税店も4月1日にオープンします。ソニーストアと同じ日です。ここはインバウンド観光客を正面から狙った店舗です。ここで注文して福岡空港で商品を受け取るシステムです。これからの動向に注目です。

 

空港型免税店

外国人観光客が増え続ける福岡に新しい商業施設が続々登場

集客が先か商業施設が先か、鶏と卵のような関係が福岡のインバウンドでもおきています。福岡が魅力ある街だから外国人観光客が増えています。人が集まるところに経済も発展し商業施設も増えます。そしてこの新しい商業施設に魅力を感じさらに多くの外国人観光客が福岡に来るでしょう。

 

普通は箱物の商業施設をつくって集客をしようと考えますが、福岡はもうすでに集客できている地域です。福岡市の人口150万人より多い外国人が1年間に200万人以上来ています。ここに目をつけるのは企業として当たり前の話なのかもしれません。

 

まとめ
人が集まるところに経済が発展する。それが今の福岡です。