福岡の中国人観光客の特徴とは何かをインバウンドの視点で分析

天神

福岡の中国人観光客の特徴とは何か?イメージでとらえている人もいるでしょう。しかしイメージと実態は違います。

 

福岡の街は中国人でいっぱいだという人がいます。果たしてみんな中国人なのでしょうか?アジアの外国人をみんな中国人観光客だと思っている人もいます。アジアの外国人には台湾人、香港人、シンガポール人、韓国人、タイ人がいてこの外国人も福岡の街を歩いています。

 

一般の福岡の人はテレビや雑誌の影響で中国人ばかりだと思っています。インバウンド視点で分析していきましょう。


中国人が福岡へ来る入国ルートで特徴をつかもう

福岡に来る中国人の入国ルートはほとんどがこの二つです。

 

博多港
福岡空港

 

博多港から入国する中国人観光客はクルーズ船に乗ってやってきます。2015年はクルーズ船が博多港へ約250回寄港しています。2016年は400回寄港予定です。そのほとんどが中国人観光客です。クルーズ船の乗客はほとんどが中国人観光客と思って間違いありません。

 

同じ博多港国際ターミナルへ高速船ビートルやカメリアで入国しているのは韓国人です。同じ博多港でもここを混同してはいけません。

 

クルーズ船の中国人観光客は日帰りです。宿泊は船の中です。ディナーも船の中です。豪華クルーズ船の中の宿泊も食事もセットです。ということで夕方から夜にいるクルーズ船で来た中国人観光客は福岡にいないということになります。

 

一方飛行機で来る中国人観光客は増加していますが全体に占める割合は高くありません。圧倒的に多いのは韓国人です。福岡の2015年のインバウンド観光客が200万人を突破しましたが韓国人が占める割合は40%以上でした。

ターゲットを絞ればインバウンドが見えてくる

福岡で中国人観光客をターゲットにする場合、クルーズ船をターゲットにしなければいけないということです。少しづつ飛行機で来る中国人観光客や成田や関空INで福岡OUTする中国人も増えてはきています。

 

中国人観光客の買物の特徴についてチェックしていきましょう。

 

炊飯器が一時ブームになりましたが、以前ほどではないにしてもまだ売れ続けています。人気はタイガー、象印です。ステンレスマグ水筒は象印が売れています。化粧品は女性は必ずといっていいほど購入していきます。神薬といわれる医薬品も人気。

 

これはどれも中国国内の文化や経済状況や品質と深く関わっています。

 

中国人の健康法とマッチした象印のマグボトル
中国の医療事情が良くないので日本の神薬に頼る現状
中国製品の品質と安全性と比較して良質な日本製品

 

インバウンドの売れ筋商品はこの中国国内の問題と深く関わったものです。

 

まとめ
テレビや雑誌のイメージとは違う福岡の中国人インバウンド事情があります。