福岡に来る台湾人観光客の特徴とインバウンドマーケティング

福岡には台湾人は飛行機でやってきます。

 

チャイナエアライン
エバー航空
キャセイパシフィック航空
タイガーエア

 

エバー航空

 

台湾便は上記が現在就航しています。タイガーエアとバニラエアはLCCです。片道1万円前後です。安いキャンペーンのときは片道5千円前後のときもあります。

 

この飛行機でやってくる台湾人観光客は大きく2タイプです。

 

個人旅行
団体旅行

 

どちらも多いです。台湾人は日本が大好きなのでいつも多くの乗客で賑わっています。

台湾人は日本人より日本に詳しいって本当?

台湾人の特徴といえば、日本を日本人より楽しんでいる印象があります。日本人より天神に詳しかったり、日本人はあまり知らない博多座のお芝居を見たり、日本人でも修学旅行ぐらいしか行かない九州一周旅行をしてみたり。

 

日本のことが大好きなので深く深く追求していきます。

 

福岡ソフトバンクホークスのファンの台湾人とも話したことがあります。宮崎までキャンプを見に行っていました。日本人のファンは行きますが、わたしは行ったことがありません。

 

もちろん買物も好きなのでキャナルシティや天神や博多駅で買物しています。円安なので安く感じています。特に台湾にもある日本企業の製品はさらに関税も掛かっていないので大量に買っています。

 

例えば、ユニクロ、無印良品など。

 

みんな台湾でチェック済みの商品や日本にしかないデザインのものをよろこんで買っています。

台湾人はグルメなので福岡でも美食家ぶりを発揮

台湾人はグルメです。美味しいものはとことん追求して食べています。例えば和牛のお店。和牛はもちろん日本の牛肉。日本の牛肉を日本で食べたがります。すき焼きとかしゃぶしゃぶです。うなぎやラーメンも人気です。福岡のとんこつラーメンは台湾人も納得の味です。

 

台湾にもお土産文化があります。お菓子をお土産に買って帰ります。いわゆるバラマキお土産です。台湾人はカルビーのじゃがポックルが大好きです。それと人気なのが福砂屋の長崎カステラ。台湾には美味しいパイナップルケーキがあるから日本のお菓子なんていらないのではと思っていましたが、パイナップルケーキがあるからこそお菓子を選ぶ目が確かなのです。その目にかなったのが福砂屋のカステラです。

 

台湾人はよく言います。日本人は台湾の食べ物が好きで、台湾人は日本の食べ物が好きだと。そういえばその通りです。小籠包も牛肉麺も日本人は大好きです。台湾の夜市も大好き。台湾が好きな芸能人も最近よく耳にします。

 

まとめ
台湾人は日本人よりも日本に詳しくて、日本の食べ物をこよなく愛す。