福岡に来る香港人観光客の特徴

福岡に来る香港人観光客の特徴!数字に強く経済的余裕がある

福岡へ乗り入れしいる香港便は3路線。

 

キャセイパシフィック航空
香港ドラゴン航空
香港エクスプレス

 

香港

 

どれも満席に近いお客さんです。キャセイパシフィック航空は台北経由なので台湾人のお客さんも乗っています。香港ドラゴン航空と香港エクスプレスはほとんどが香港人。ちなみに日本人はほとんどいません。

 

香港人は福岡をどう見ているのか?他のアジア人とどう違うのかチェックしていきましょう。

インバウンド香港人観光客の特徴とキーワード

香港人の特徴のキーワードです。インバウンドの参考になるはずです。

 

数字に強い

香港人は数字に強いです。育った経験や家庭環境がそうさせるのだと思いますがお金の数字、時間の数字に強いんです。すぐに計算できます。例えばこの旅行でいくらくらい使いましたか?と聞くとちょっと待ってねと言いながらかなり正確な数字を言ってきます。

 

レンタカー

香港人はレンタカーで九州を旅行する人もいます。一般的な日本人の感覚すると異国で車の運転をするのは恐怖感がありますが香港人はそのハードルが低いようです。

 

コスモポリタン

香港人は香港人らしい側面とどの民族にもなれる側面を持っています。移民が多かったり、香港人自ら移民としてカナダやオーストラリアに行く人も多くいます。まさにコスモポリタンです。

 

多言語

香港人どうし話すときはほとんど人が広東語を話します。そして英語も話すことができます。生活の場で必要だそうです。そして中国語(普通話)も中国返還以降に普及しました。この3つを話すのは当たり前でさらにプラスアルファの言語を話す人も多くいます。

 

経済的余裕

近年の香港の経済発展は著しく収入も上がっています。不動産価格も高騰していて家賃がすごく高いとも聞きます。1万円(日本円)は香港人にとって昔と今では感覚が違うものになっています。

訪日香港人観光客はスマートに福岡で過ごす

こんな香港人が福岡に旅行に来てどう過ごしているかといえばとってもスマートです。日本人が日本国内を旅行するような感覚で旅行しています。経済的余裕もあるので年に数回日本に来る人もいます。

 

文化や食事の違いはありますがそれを壁に感じず逆に楽しむ余裕さえあります。とんこつラーメンが好きだったりとんかつが好きなことは他のアジア人と同じです。同じアジア人でもなんとなく香港人だなとわかるポイントは広東語を話す感じ、メガネがスタイリッシュ、腕時計が高級そう、外国に来た雰囲気が出ていないなどがあります。

 

まとめ
福岡へ来る香港人観光客も増えています。外国の壁は感じず自由に旅行している人が多いです。

福岡のインバウンドの現場で活躍する中国語。初心者でも今すぐ話せる方法があります。
  1. 今すぐ明日から100語で話す中国語
  2. 中国語500単語無料メルマガ
  3. インバウンド業界に転職して中国語を勉強


トップへ戻る